進撃の巨人映画実写の配役とあらすじとネタバレ予告は!

累計部数4000万部の超人気コミック、
進撃の巨人が遂に実写映画になりますね!

巨人VS人類の存亡をかけた戦い!
ダークファンタジー世界観もたまりませんね。

スポンサーリンク

今回の映画はオリジナルストーリーになるのでは!?
とも言われていますが、
どうなんでしょう!?

配役等も含め調べてみました。

進撃の巨人のキャストについて!

キャスト
三浦春馬(主演)
長谷川博己
水原希子
本郷奏多
三浦貴大
桜庭ななみ
松尾諭
渡部秀
水崎綾女
武田梨奈
石原さとみ
ピエール瀧
國村隼

進撃の巨人 映画 実写 配役

http://shingeki-kyojin.com/archives/27380949.htmlより引用

ネットでは、
エレン・イェーガーを演じるのが、
三浦春馬というのが出ていますが、
実際の所は謎のベールに包まれています。

原作の進撃の巨人では、
主人公のエレン・イェーガーを中心に
物語が進みます。

しかし三浦春馬がエレンを演じて、
ヒロインのミカサ・アッカーマンを
演じるのが石原さとみでは!?
といった噂でしかないのです。

つまりこういった点からもう1つの
「進撃の巨人」!
つまりオリジナルストーリーで
配役も新たに出てくるのでは!?
と予想する人も少なくありません。

進撃の巨人のあらすじとネタバレ

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

原作のあらすじは、
巨人から逃げ延びた人類は、
巨大な壁を築きあげる。

壁は最外周の「ウォール・マリア」、
次に「ウォール・ローゼ」、
最後に「ウォール・シーナ」となる。

壁の外の自由と引き換えに、
巨人からの侵略を防ぐ。

しかしその平和もつかの間、
超巨大巨人の出現により、
壁が崩壊してしまう。

人々は逃げ惑い、
第二の壁「ウォール・ローゼ」の
内側に逃げ込み、
多くの人間が犠牲となった。

主人公のエレンも自分の目の前で、
母親を巨人に捕食されてしまう。

自分の不甲斐なさに怒りを覚え、
巨人たちへの復讐を近い、
エレンは訓練兵団に入団する。

今回の感想

2015年の夏に公開予定で、
前後2部作となる事から、
かなりの力の入れようですよね。

やはり見所は、
立体機動ではないでしょうか!?

どんな風に演出するのでしょうか!
とても楽しみでねぇ〜!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ