清須会議 映画のあらすじとネタバレ!三谷幸喜作品の評判と感想とキャスト

三谷幸喜監督の映画、
清須会議のあらすじとネタバレや
感想・評判について、
今回は書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

1582年に実際にあった出来事の清洲会議(清須会議)を
モチーフにした映画になります。

清須会議のキャストについて!

キャスト
柴田勝家/役所広司
羽柴秀吉/大泉洋
丹羽長秀/小日向文世
池田恒興/佐藤浩市
織田信雄/妻夫木聡
前田利家/浅野忠信
黒田官兵衛/寺島進
前田玄以/でんでん
堀秀政/松山ケンイチ
織田三十郎信包/伊勢谷友介
お市様/鈴木京香
寧/中谷美紀
松姫/剛力彩芽
三法師/津島美羽
織田信孝/坂東巳之助
滝川一益/阿南健治
佐々成政/市川しんぺー
金森長近/清末裕之
稲葉一鉄/久世浩
蜂屋頼隆/迫田孝也
長束正家/望月章男
佐久間盛政/松永一太
弥助/ショー片島
森蘭丸/染谷将太
織田信長/篠井英介
なか/戸田恵子
小一郎/梶原善
小袖/瀬戸カトリーヌ
義兵衛/近藤芳正
明智光秀/浅野和之
織田信忠/中村勘九郎
枝毛/天海祐希
更科六兵衛/西田敏行
さまざまな声/山寺宏一

清須会議 映画 ネタバレ

http://shinyadd-blog.blogspot.jp/2014/01/blog-post_15.htmlより引用

このキャスト!
主演をはれる人ばかりが集まっている!
超豪華な映画。

本編に登場する、
愛知県重要無形民俗文化財に指定されている
津島市の「くつわ踊(おどり)」も見所の1つになります。

清須会議のあらすじとネタバレ!

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

織田信雄と織田信孝

大正10年(西暦1582年)、
本能寺の変での戦いで、
織田信長は明智光秀により倒され、
後継者選びに翻弄していた。

後見に名乗りをあげたのは、
頭家老の柴田勝家と
後に豊臣秀吉となる羽柴秀吉だった。

秀吉は織田家次男の問題児の信雄
勝家は武勇に秀で聡明で勇敢な三男の信孝
後継者として推薦した!

開かれた清須会議

勝家、秀吉が思いを寄せる信長の妹のお市様は、
勝家の方につく事を決める。

秀吉の方は、
名軍師の黒田官兵衛のアドバイスで、
信長の弟の三十郎信包を見方に付けた!

また秀吉の妻である寧の力もあり、
家臣の心をどんどん掴んでいくのであった。

跡継ぎ問題、
領地の配分を決めるのにあたり、
「清須会議」が開かれる事になる。

会議は、
勝家、秀吉の他、
勝家の盟友で参謀の丹波長秀、
強い方に付こうとする池田恒興だった。

勝者と敗者

勝家は会議で大敗を喫してしまう。

そして勝家側に付いているお市は、
秀吉の暗殺を命じるのであった。

しかしこの情報は前田利家の耳に入り、
秀吉を守ります。

秀吉はある決意を新たにします。
それは…
「織田家を滅ぼし、天下人になり、
新しい世の中を作る」というのだ。

秀吉は城から抜け出すと、
勝家の元へ向かう。

勝家は、
大切な時に織田信長を守れなかった事を
悔やんでいた。

秀吉もまた、
織田信長への忠誠心を語るのだった。

そして勝家は秀吉に、
「会議では負けたが、
戦では負けない」と告げる。

賤ヶ岳の戦い

お市は秀吉の嫌がる勝家に嫁ぐことを決める。

秀吉は妻の寧と一緒に城を去る勝家に土下座をする。
その姿を見て笑う2人を見て、
勝家は最後に「大義である」と言い残し、
去っていく。

秀吉は、
「安心させて1年以内に滅ぼしてやる」と企む。
これが後に賤ヶ岳の戦いになるのだった。

今回の感想

武力の駆け引きというよりも、
知力の駆け引きを映画で再現し、
楽しむ作品。

三谷幸喜さんだから出来る映画でしょう!

清須会議を面白おかしく現代版にアレンジした感じです。
コメディは賛否両論だから、
個人的には要らなかったかな?とも
思いますが、
全体的にはかなり楽しめる作品だと思います!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ