高倉健主演の映画南極物語のあらすじとネタバレ結末と感想!

高倉健さん主演で話題となった映画、
南極物語のあらすじとネタバレになります。

南極物語と言えば南極大陸に取り残された犬の
タロとジロが越冬隊員と1年後に再会する、
感動の実話を元に作られた物語です。

スポンサーリンク

映画南極物語の他、
2006年にはディズニーがリメイクし、
TV版では木村拓哉さん主演でも話題となりました。

南極物語のキャストについて!

キャスト
潮田暁/高倉健
越智健二郎/渡瀬恒彦
小沢大/岡田英次
北沢慶子/夏目雅子
志村麻子/荻野目慶子

樺太犬たち
タロ
ジロ
ゴロ
ペス
モク
アカ
クロ
ポチ

DSC_0058

http://yaplog.jp/osamuchin_s-s/archive/4904より引用

事実を元に作られた物語程、
心にグッと来るものはありません。

撮影期間3年余りをかけて挑んだ
超大作です。

少年、青年、成人、家庭向けの
計4部門の文部省特選作品にも選ばれている事も
人気の高さが伺えます。

南極大陸のあらすじとネタバレ!

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

南極に取り残された犬達…

昭和32年。
南極に設置された昭和基地に、
塩田・越智を含む11名の第一次越冬隊と、
15匹のカラフト犬が越冬生活を送っていた。

犬ぞりで任務を行い、
新しい隊と交代の時期を向かえていた。

しかし悪天候と氷河によって、
次の越冬隊は向かう事ができない。

その4ヶ月後、
潮田達の基地に飛行機が到着し、
本日中に昭和基地からの撤退を命じられる。

しかし犬達を連れていく事が許されなかった。
潮田達は、
後ろ髪を引かれながら、
僅かな食料を残し、
犬達を置いていくのだった。

取り残された犬達

帰国した潮田は大学を辞職。
犬達の飼い主の元に謝罪に向かっていた。

激しく非難される潮田。
そんな潮田の元に越智が現れ、
2人は再会を果たす。

「犬達をこの手で殺してやれば良かった」
潮田は越智に話す。

その一方で犬達は、
必死に繋がれた鎖から脱出しようとしていた。

生き延びる犬達

8匹の犬達が鎖から逃れ、
あてもない南極を彷徨っていた。

犬達は食料を探し求め、
アザラシを遅い、
氷の中の魚を捕まえなんとか生き延びていた。

しかし日が経つ事に1匹、
また1匹と息絶えていくのであった。

日本では、
第三次越冬隊の結成がきまり、
潮田と越智は、
第三次越冬隊のメンバーに志願するのであった。

生き延びていた犬達

ヘリコプターでかつての昭和基地に
到着した2人は、
犬達の無惨な姿に言葉を失う。

潮田達は氷に包まれた辺りを見渡すと、
黒い2つの影が目に入った。

そこで見たのは、
犬のタロとジロだったのだ。

喜ぶ潮田に駆け寄る、
タロとジロ。
潮田は2匹を抱きしめるであった。

今回の感想

実話を元にした話し。
15匹の犬を鎖につないだまま、
その場を去っていくってどんな気持なんでしょう。

そして15匹いた犬も
生き残っていたのは、
タロとジロの2匹。

それだけ生きる事が過酷だったんでしょうね。

撮影に3年費やしているという事もあり、
1つ1つの場面に重みもありますよね。
高倉健さんの演技がいつみても凄い迫力です。

生きる力って凄いなぁって改めて思いました。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ