アウトレイジ北野武作品キャスト椎名桔平と加瀬亮の画像!タイトルの意味!

北野武監督作品アウトレイジ!
ヤクザの抗争を描いた話題作です。
新しく椎名桔平さんや加瀬亮さんなども加わり、
映画の幅も広くなった気がします。
今回は「アウトレイジ」について書いてみたいと思います。

アウトレイジのキャストと意味について!

キャスト
大友(大友組組長)/ビートたけし
水野(大友組若頭)/椎名桔平
石原(大友組組員)/加瀬亮
片岡(刑事)/小日向文世
関内(山王会会長)/北村総一朗
安倍(大友組組員)/森永健司
上田(大友組組員)/三浦誠己
岡崎(大友組組員)/坂田聡
江本(大友組組員)/柄本時生
飯塚(村瀬組組員)/塚本高史
大友の女/板谷由夏
加藤の部下/島津健太郎
木村(村瀬組若頭)/中野英雄
小沢(池元組若頭)/杉本哲太
村瀬(村瀬組組長)/石橋蓮司
池元(池元組組長)/國村隼
加藤(山王会若頭)/三浦友和

加瀬亮アウトレイジ画像

http://office-kitano.co.jp/outrage/mtex/site/m/より引用

映画は「このやろー」「バカヤロー」が、
めちゃくちゃ出まくっていたよ!

北野監督曰く、
「どうやって人を殺そうかというプロセスを先に考え出し、
それに対しストーリーを後付けした」
という様にはっきりいってうわぁ〜ってシーンも沢山ありました!

ちなみに「アウトレイジ」とは、
英語で「激怒」「暴力」「非道」という意味だそうです。
内容そのままです。

▶アウトレイジはこちらをクリック
▶アウトレイジビヨンドはこちらをクリック

アウトレイジのあらすじとネタバレ!

ここからはネタバレになります。
まだ見てない方や、
ネタバレを知りたく無い方は、
ご覧にならないでください。

スポンサーリンク

巨大勢力山王会

関東の巨大暴力団組織「山王会」
その組長の関内。

関内の元に幹部が集結する。
若頭の加藤は関内から、
直系の池元組の組長・池元と、
直系ではない村瀬との関係について話しをする。

加藤は池元に村瀬組を追い込む様に指示、
池元はめんどな事は池元組の配下の大友組へ回す。

仕事の内容は、
村瀬組が経営する「ぼったくりバー」に、
わざと引っかかり、
事務所におびき寄せ、
100万円を渡すという様な仕事だ!

村瀬は下っ端の組員飯塚に指を詰めさ、
若頭の木村に金を返して謝罪に向かわせる。

しかし大友組の水野は、
木村に指を詰める様に迫る。

そのうえ大友は木村の顔をカッターで切り裂き、
追い返す!

木村は仕返しに大友組の組員を暴行する。

抗争の幕開け

大友達は、
ぼったくりバーの組員を新幹線の中で、
射殺する。
抗争が激しくなるまえに、
池元と村瀬は手打ちの為、
関内に持参金を持ってく。

しかし若頭の加藤に、
「チンピラを1人殺したくらいで済んだと思ったのか!」
責められる。

池元は大友に村瀬を痛めつける様に命じる。

大友は指示通り、
村瀬が歯医者の治療中に暴行を働く、
その結果村瀬組は解散

村瀬組のシマを池元が引き継ぐ事となる。

新しいシマで薬の売買をスタートするため、
大使館でドラックパーティーの噂を耳にする。
大友組の石原は、
その事をいい様に大使館を利用して
カジノを開く事にする。

上手い事大使館員も騙し、
カジノも成功をする。

その金プールし、
石原は資産を手にする。

そしてある事が判明する。
村瀬組は解散しておらず、
ドラッグの売買に関わっている事が判明!
大友は村瀬を殺害する。

しかし大学の後輩の片岡刑事の助けもあり、
証拠不十分で釈放となる。

結末へ裏切り

大友は村瀬殺害を理由に組を破門となる事を知る。
指を詰めて関内に会いに行く大友。

関内は、
破門だなって思っていない。破門されたフリをして欲しい。
池元はどうなっても構わない」と言う事を言われる。

懲りずにカジノに来る池元を関内の言葉を信じて、
殺害する。

そのころ小沢は、
組長になろうとするが、
関内から「大友を消してから」と言われ、
大友殺害を結構する。

片岡は一連の出来事を説明し、
それを聞いた石原は、
カチ込みに部屋を飛び出す!

大友組の組員は1人また1人と倒れて行く。
残った大友は、
片岡に言われ出頭を決意する。

小沢は、関内に今回の事を報告する。
しかし加藤に射殺されてしまう。
加藤は関内も射殺し、
その罪を小沢に着せたのだ。

逮捕された大友は刑務所で、
ある人物に遭遇する。
それは村瀬組の木村だ。

そして会長になった加藤の横には、
カチ込みに行ったはずの石原が、
加藤の右腕として席に居た!

▶アウトレイジはこちらをクリック
▶アウトレイジビヨンドはこちらをクリック

今回の感想

北野監督が言ってた通り、
殺し方がエグいのがあるので、
血やバイオレンス系が苦手な方には、
ちょっとキツいかもしれませんね!

でもストーリーは面白いですね!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ