バンクーバーの朝日のあらすじとネタバレ感想!原作やロケ地について!

妻夫木聡さん主演の映画、
バンクーバーの朝日のあらすじと
ネタバレ感想についてです。

生前のカナダ・バンクーバーに実在した、
日系人野球チーム「バンクーバーの朝日」
描いた映画になります。

野球という事で野球好きでも有名な
KAT-TUNの亀梨和也さんも出演されています。

スポンサーリンク

妻夫木聡さんと亀梨和也さんって、
なんか意外な組み合わせって思うのは私だけでしょうか!?

バンクーバーの朝日のキャストについて!

キャスト
レジー笠原(ショート)/妻夫木聡
ロイ永西(ピッチャー)/亀梨和也
ケイ北本(セカンド)/勝地涼
トム三宅(キャッチャー)/上地雄輔
フランク野島(サード)/池松壮亮
笠原清二(レジーの父親)/佐藤浩市
エミー笠原(レジー笠原の妹)/高畑充希
笹谷トヨ子/宮崎あおい
ベティ三宅(トム三宅の妻)/貫地谷しほり
レジー笠原の母/石田えり
ユースケ・サンタマリア
鶴見辰吾
本上まなみ
光石研
田口トモロヲ
岩松了
大杉漣
溜口佑太朗(ラブレターズ)

バンクーバーの朝日 原作

http://www.discovernikkei.org/en/journal/2010/6/8/kei-kaminishi/より引用

フジテレビジョン開局55周年記念作品という事もあり、
出演されている人達が豪華!

撮影はバンクーバーのロケの他にも、
栃木県足利市でロケセットを組んで、
生前の日本街を作ったようです。

バンクーバーの朝日のあらすじ

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!
あらすじとネタバレです。

スポンサーリンク

物語は1900年代初頭。
貧しい日本を離れた日本人達!

希望を胸に向かったのは、
カナダだった…

しかしカナダに住んだ彼らを待ち受けていたのは!
過酷な肉体労働と、
日本人に対しての人種差別だった。

そして彼らは日本人の街をつくり、
野球チーム「バンクーバー朝日」を
結成します。
小柄な日本人は、
当時弱小チームとののしられ、
バカにされていました。

しかし徐々に力をつけ、
遂には白人達の野球チームに勝利します。

ひたむきな彼らの姿に、
バカにしていた白人達も讃え、
いつしか「バンクーバー朝日」は、
西海岸リーグで優勝します。

しかし戦争によりチームは解散。
再び「バンクーバー朝日」を見る事はなかったのです。

今回の感想

人種差別や重労働といった苦境の中、
活躍していく姿に心を討たれる事でしょう!

日本の歴史、
世界の歴史というのを
映画というフィルタを通して見る事が
出来る映画ではないでしょうか!

忘れていた日本人の心が蘇るかもしれませんね!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ