アウトレイジ ビヨンド地上波登場!ラストとネタバレ!俳優キャスト木村と続編の可能性

ヤクザの抗争を描いたアウトレジの続編!
アウトレイジ ビヨンド!
北野武監督の初の続編映画になります。
今回はアウトレイジ ビヨンドについて書いてみたいと思います。

アウトレイジ ビヨンド キャストと続編について!

キャスト
大友(北野武):元・大友組親分。

山王会・加藤(三浦友和):会長
石原(加瀬亮):若頭
舟木(田中哲司):前会長のボディーガード/現会長の側近
富田(中尾彬):幹部、白山、五味と兄弟分
白山(名高達男):幹部
五味(光石研):幹部

花菱会:関西最大の暴力団組織
布施(神山繁):会長
西野(西田敏行):若頭
中田(塩見三省):幹部
城(高橋克典):幹部

木村一派
木村(中野英雄):前作で刑務所に入所することとなったが、その後出所。
バッティングセンターを経営していた。
嶋(桐谷健太):父親が木村の子分であり、その縁で木村を慕っていた。
小野(新井浩文):同上。

警視庁組織犯罪対策課
片岡(小日向文世)
繁田(松重豊):片岡の部下

アウトレイジ ビヨンド 地上波

http://eiga.com/movie/56609/より引用

北野武監督の初となる続編になる、
アウトレイジビヨンド!

キャッチコピーでもある、
「全員悪人、完結」という位なので、
これでもか!という位悪人が沢山出てきます。

▶アウトレイジはこちらをクリック
▶アウトレイジビヨンドはこちらをクリック

アウトレイジ ビヨンドのあらすじとネタバレ!

ここからはネタバレになります。
まだ見てない方や、
ネタバレを知りたく無い方は、
ご覧にならないでください。

スポンサーリンク

これまでのあらすじ

関東最大の暴力団・山王会の内部抗争から、
5年の歳月が過ぎた。

山王会の内部抗争によって、
捕まった元大友組組長の大友は、
片岡によって大友は死んだと嘘の噂が流れます。

そんな大友をよそに警察の片岡は、
自身の保身の為に山王会の壊滅を試みる。

その為に大友を刑務所から、
仮釈放させ、
すでに出所している元村瀬組若頭の木村に会い、
大友に会ってくれと頼む。

大友は韓国マフィアと接触し、
ヤクザから距離を置いて居たのだが、
復讐に燃える木村と再会し、
ヤクザの世界にまた戻る事となる。

動き出す大友たち

石原は大友が出所して来た事に、
酷くおびえていた。

大友は山王会から送り込まれた刺客により、
刺され傷をおってしまう。

その事で怒りをこみ上げる、
木村の部下、
嶋と小野は仇をうつため乗り込む。

しかし逆にやられてしまう。
それを耳にした大友は山王会とやり合う事を決める。

木村は大友を花菱会の会長と引き合わせる事で、
盃をもらおうと出向く。

しかし花菱会の幹部達は、
大友との盃を拒否してしまう。

その場を収めるため木村は自身の小指を噛み切って、
事態を収める。

大友は花菱会の協力の元、
山王会壊滅に動き出す。

山王会壊滅へ!

現会長のボディーガードの舟木は、
前会長殺害の際には現場におらず、
加藤からの口止め料という事で、
今の地位を得た。

大友は舟木を拉致し、
加藤による前会長殺害の全容を自供させる。

その時の事を録音し、
花菱会に渡し、
「石原が謀反を起こし、この自供を録音した」と、
でっち上げる。

加藤は石原を木村の元へ向かわせ、
そこで大友にバッティングセンターに括り付けにされ、
一晩中ピッチングマシーンの球を受けて死んでしまいます。

花菱会は前会長殺害の件を、
山王会幹部にも知らし、
幹部は加藤に対して信頼を無くしてしまう。

加藤は遂に会長職を降りる事となる。

木村は大友に
「花菱会に組をもうらおう!」
提案するが、
大友は断り木村のもとを去ってしまう。

加藤は会長職を降りた後、
大友に刺殺されてしまう。
この事で、木村の組は家宅捜索を受けてしまう。

そして木村は、
片岡の策略により射殺されてしまう。

木村の葬儀に顔を出しにきた、
大友を待っていた片岡は、
大友に拳銃を渡す。

今度は片岡は花菱の幹部を
撃たせたかったのか?

大友は拳銃を構え片岡に向かって、
引き金を引いたのだった!

最後にアウトレイジの予告のCMをする松村邦洋さん

▶アウトレイジはこちらをクリック
▶アウトレイジビヨンドはこちらをクリック

今回の感想

前回程の過激な描写は無いにしろ、
白熱の映画です。

北野武監督がアウトレイジは、
ビジネスの世界をヤクザで表現した!
的な事を言って通り、
弱肉強食の世界観が感じられる映画になってます。
ハラハラドキドキの映画ですね!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ