アバター(AVATAR)映画の吹き替えとキャスト!ネタバレ&あらすじ

2009年の大ヒット映画といえば、
ジェームスキャメロン監督の
アバター(AVATAR)ではないでしょうか!

スポンサーリンク

今回はアバター(AVATAR)について書いてみたいと思います。

アバター(AVATAR)のキャストと吹き替えについて

キャスト
ジェイク(サム・ワーシントン)/東地宏樹
ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)/小松由佳
モアト(CCH・バウンダー)/滝沢ロコ
グレイス(シガニー・ウィーバー)/弥永和子
ノーム(ジョエル・デヴィッド・ムーア)/清水明彦
トゥルーディ(ミシェル・ロドリゲス)/杉本ゆう
クオリッチ(スティーヴン・ラング)/菅生隆之
セルフリッジ(ジョヴァンニ・リビシ)/難波圭一

アバター

http://eiga.com/movie/53184/gallery/より引用

そして監督はあの大ヒット映画「タイタニック」
ジェームスキャメロンが担当!

当時デジタル3D使った事でも注目を大いに浴びた!
キャッチコピーの「観るのではない。そこにいるのだ!」は、
このデジタル3Dを謳っている意味もある。

アバター(AVATAR)のあらすじとネタバレ!

映画アバターのあらすじ&ネタバレになります。
まだ観てない人やネタバレ知りたくない方は、
ご覧にならないで下さいね!

映画アバターについて

惑星パンドラに住む原住民ナヴィと、
パンドラに有用資源を求め、
人類が交流を始める。

人が住む地球と違いマスクが必須の世界。
人類とナヴィの交流によりナヴィの技術でもある、
遠隔操作「アバター」の技術が推進される。

「アバター」の担当になったのは脊髄を損傷して、
足が動かないジェイク。
ジェイクはナヴィの技術アバターの大役を任せられる。

ジェイクとアバター

アバター上で健全な足を手に入れたジェイク。
惑星パンドラに仲間達と共に調査に出発する。

しかし運悪く獣に教われ、
仲間とはぐれてしまったジェイク。

そこでジェイクはある1人の原住民ナヴィに出会う!
ナヴィの名前はネイティル!

やがてジェイクとネイティルは少しずつ仲良くなる。

その頃人類はナヴィが信仰する大きな木の下に、
大量の資源が眠って居る事に気づく!
しかしナヴィとの交渉は上手くいかない。。。。。

そして人類は思いもよらない手段をとる。
それは強行手段だった!

スポンサーリンク

ネイティルと恋に落ちるジェイク

ジェイクは段々とネイティルに惹かれていきます。
もちろんネイティルもジェイクに惹かれて行き。
やがて恋に落ちていきます。

そしてジェイクは資源についての人類の強行手段に対して、
人類に向かって反発をしていきます。

しかし今回の強行手段は、
惑星の侵略。

ジェイクは産まれた星の人類と真っ向から、
戦いを挑みます。
そして伝説のグレイト・レオノプテリックスを従える事で、
ナヴィの信頼を獲得するのです。

ジェイクVS地球人

ジェイクはナヴィと共に地球人と戦います。
そしてゲリラ先方により見事地球人を撃退します。

微妙にこの文章だけよんでいると、
とっても複雑です。

そしてジェイクは、
歩ける足を手に入れ、
地球人ではなくナヴィとして惑星パンドラに移住するのです。

今回の感想

アバター(AVATAR)は当初映像のクォリティにより、
かなりの注目をあつめました!

もちろんストーリーも素晴らしいと思いますよ。
しかし賛否両論だったようですね。
個人的にはSFは好きなので面白かったです。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ