パイレーツオブカリビアン生命の泉のあらすじとネタバレ!人魚のその後とは…

ジョニー・デップ主演で大ヒットになった映画、
パイレーツ・オブ・カリビアンの第4作目!

スポンサーリンク

「生命の泉」について今回は書いてみたいと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉のキャストと原作内容について!

キャスト
キャプテン・ジャック・スパロウ:ジョニー・デップ
アンジェリカ:ペネロペ・クルス
黒ひげ:イアン・マクシェーン
バルボッサ:ジェフリー・ラッシュ
ジョシャミー・ギブス:ケヴィン・R・マクナリー/
ティーグ・スパロウ:キース・リチャーズ
フィリップ:サム・クラフリン
シレーナ:アストリッド・ベルジェ=フリスベ

パイレーツオブカリビアン生命の泉あらすじ

http://geneido.ocnk.net/product/7222より引用

イギリス・ロンドンでジャック・スパロウと間違えられ、
裁判にかけられていたギプス!
助けようとしたジャックもまた拘束される。

拘束したジャックが「生命の泉」のありかを示す、
海図を持っていたことで、
ジャックにジョージ2世が対立国スペインよりも早く、
「生命の泉」を見つける様に指示する。

ジャックの前に現れた一等航海士は、
英国海軍の「サー」の称号を持つ公賊のバルボッサだった。

バルボッサはブラックパール号を失い、
海賊から海軍将校へとかわっていた。

そんなバルボッサを罵倒するジャックは、
スキを見て脱出し、
黒ひげの手助けのあり逃げ延びる。

ジャックに逃げられたバルボッサは、
ギプスから「生命の泉」のありかを示す地図を盗んでいた事を知る。

引渡すように言われたギプスは身の危険からか、
海図を燃やしてしまう。

バルボッサの耳にジャックの偽物が船員を集めている噂がはいる。
その偽物はかつてジャックの恋人だった、
アンジェリカだった。
アンジェリカは、
父黒ひげの為に「生命の泉」を見つける旅に、
必要な船員を集めていた。

目をさましたジャックは、
黒ひげの船で既に後航海をしているのだった。

ジャック、黒ひげ、バルボッサ、スペイン軍
それぞれの航海がはじまった!

スポンサーリンク

パイレーツオブカリビアンのネタバレ!

「生命の泉」に必要とされる、
「人魚の涙」「二つの祝杯」を手にして現れたのは、
黒ひげ!
そして黒ひげの攻撃により、
ブラックパール号と自身の片足を失ってしまった、
バルボッサ!

そしてその「生命の泉」の破壊を目的としたスペイン軍!

3者入り乱れた攻防がはじまる。
そんななか黒ひげがバルボッサの剣を受けてしまう。
この剣には猛毒が仕込まれており、
黒ひげは瀕死のダメージを受けてしまう。

アンジェリカも同じくその剣に触れてしまう。

そのスキを見てジャックは、
二つの祝杯に「生命の泉」を注ぎ、
1つには人魚の涙を入れた。

すると聖杯の1つを飲んだ者の、
行きた年数と死の予定だった歳月と、
人魚の涙に入った聖杯を飲んだ者に与えられ、
人魚の涙が入っていない方の祝杯を飲んだものは、
死に消えてしまうという効果がある。

黒ひげは人魚の涙が入っていない方を、
アンジェリカは人魚の涙が入っている方を飲む。

そして海軍の制服を脱ぎ捨てたバルボッサは、
以前と同じ様に海賊へ!

ジャックは、アンジェリカを無人島に置き去りにして、
自由の身に戻り、
ブラックパールを取り戻しまた新たなる冒険の旅に出るのであった!

パイレーツ・オブ・カリビアンの関連記事一覧

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちはこちら

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストはこちら

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドはこちら

今回の感想

相変わらずバッチリ役にハマっている、
ジョニーデップ!

ジャックスパロウといったら、
もうジョニーデップしかないでしょうね!

何度観ても面白いので
飽きのこない素晴らしい映画!といったところでしょうか!?

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ