パイレーツオブカリビアン ワールドエンド救出編あらすじとキャスト!エリザベス最後の感想

ジョニー・デップ主演で大ヒットになった映画、
パイレーツ・オブ・カリビアンの第2作目
「デッドマンズ・チェスト」の続編でもあります。

スポンサーリンク

第三弾「ワールド・エンド」について今回は書いてみたいと思います。

パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェストのキャストについて!

キャスト
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ウィリアム・ターナー(オーランド・ブルーム)
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)
ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)
ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)
サオ・フェン(チョウ・ユンファ)

パイレーツオブカリビアンワールド・エンド

http://170.gflag.biz/?eid=567264より引用

前回はジャックスパロウが、
ブラックパール号と一緒に、
デイヴィ・ジョーンズのフライングダッチマン号により、
海の藻屑となってしまいました。

それを救出するため、
船員みんなで、ある場所へ向かいます。

そこで出会ったのは…

▶パイレーツ・オブ・カリビアン デットマンズチェストはこちら

パイレーツオブカリビアン ワールドエンドのネタバレ!

ここからはネタバレになります。
まだ観てない方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないでください。

スポンサーリンク

9人の海賊達

デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れた、
ベネット卿は、
デイヴィ・ジョーンズとフライングダッチマン号を使い、
世界の海賊達を滅ぼし始める。

ティアの術で現世に蘇ったバルボッサは、
エリザベス達と共に、
海賊サオに会いに行く。

目的は選ばれた9人の海賊達による、
招集だった!

しかしジャックはデイヴィ・ジョーンズによって、
海の藻屑となってしまったため、
蘇らすには、
「世界の果て(死の世界)」に行く事を決める。

女神カリプソと女船長

ジャックはバルボッサ達につれられて、
現世に戻る事に成功します。

そこで9人の海賊達による会議がはじまります。
女神カリプソを解放させて、
ベネット卿率いるインド貿易会社を退けるというのです。

しかしここで海賊サオがベネット卿軍に倒されてしまいます。
サオは亡くなる前に、
船長をエリザベスに譲ります。

ここで最後の9人目の女海賊船長が誕生します。
そしてそこで海賊の全権を握るのが、
海賊エリザベスとなり、
女神カリプソを解放します。

9人の海賊vs東インド貿易会社

9人の海賊達は女神カリプソを解放し、
東インド貿易会社と最後の戦いを挑みます。

女神カリプソとは、
実はティアの事で、
人間の姿にされていたのです。

そしてティアはかつてデイヴィ・ジョーンズが、
ただ1人愛した女性だったのです。

解放されたカリプソは、
その力で嵐を巻き起こします。

そして大きな渦が巻き起こる中で、
ジャックはデイヴィ・ジョーンズの心臓を見つけ、
デイヴィ・ジョーンズは倒れ、
海の中へ落ちていきます。

勝利した海賊達と思いきや、
デイヴィ・ジョーンズは倒される間際に、
ウィルに致命傷を与えていたのです。

フライングダッチマン号に新たなる船長

このままでは死んでしまうウィルを見かねた、
ビルはウィルの心臓を取り出し、
フライングダッチマン号の船長として向かい入れます。

フライングダッチマン号の船長になると、
10年に1度しか陸にあがる事ができなくなります。

そしてウィルとエリザベスはお互いの愛を確かめ合い、
また10年後の再会を約束します。

ジャックはまたもやブラックパール号を
バルボッサに盗まれてしまいます。

10年後エリザザベスは1人の男の子と一緒に、
ある船をまっていました。
そして遠くに現れた船は…

パイレーツ・オブ・カリビアンの関連記事一覧

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちはこちら

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/デッドマンズチェストはこちら

▶パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉はこち ら

今回の感想

沢山海賊が出てきます!
相変わらずデイヴィ・ジョーンズは気持が悪そうですが、
取りあえずバットエンドなのか?ハッピーエンドなのか?
わからない終わり方でした。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ