パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェストのストーリーあらすじ&ネタバレと意味は!

ジョニー・デップ主演の大ヒット映画第二弾!

スポンサーリンク

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストの
ストーリーとあらすじ&ネタバレについて書いてみたいと思います。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストのキャストと意味について!

キャスト
ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)
ウィリアム・ターナー(オーランド・ブルーム)
エリザベス・スワン(キーラ・ナイトレイ)
デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)
ティア・ダルマ(ナオミ・ハリス)
ビル・ターナー(ステラン・スカルスガルド)

パイレーツオブカリビアンデッドマンズチェスト

http://www.keihanna-plaza.co.jp/event/movie/141.htmlより引用

今回のタイトルにもつけられている、
「デッドマンズ・チェスト」とはなんなのでしょうか?

「デッドマンズ・チェスト」の意味ですが、
まず「デッドマン」というのは、
死人という意味ですよね。
そして「チェスト」は胸という意味になります。

つまり「死人の胸」、
胸というのは心臓とも言えます。

「死人の心臓」という事を意味しているようです。

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズチェストのあらすじとネタバレ!

ここからは、ネタバレになります。
まだ見ていない方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないでください。

スポンサーリンク

デイヴィ・ジョーンズの秘密

冒険の後無事に結構式をあげた、
ウィルとエリザベスは、
海賊の逃亡を手伝った事により、
捕まってしまいます。

東インド貿易会社のベケット卿の指示だったのです。
またノリントンにも逮捕状が発行されます。

しかしあの冒険のあとノリントンは行方不明となっていました。

ウィルにある取引を持ちかける、
ベケット卿。

それはキャプテンジャックスパロウの、
コンパスを持ち帰って来る事!

ウィルはジャックを見つけコンパスを渡す様に悲願します。
するとジャックはコンパスを渡す変わりに、
ある事に協力をして欲しいと頼みます。

それはある箱を開ける鍵を見つけて欲しいというのです。
それは海賊デイヴィ・ジョーンズの秘密の一歩だったのです。

ジャック・スパロウとデイヴィ・ジョーンズの約束

ジャックはその昔、海賊デイヴィ・ジョーンズとある約束をします。

それは「ブラック・パール号」の船長になる変わり、
契約が終わると100年間デイヴィ・ジョーンズの船員として働くという、
血の契約です。
それを阻止する為には、
デイヴィ・ジョーンズが昔愛した女性の為に、
自分の心臓を取り出し箱に納め、
鍵をかけたのです。

その鍵こそがジャックが欲しがっていたものだったのです。

そんなジャックの身を案じてか、
「海に出るなら、陸を持って行け」とティアに、
砂入りの小瓶を貰います。

その頃ウィルはデイヴィ・ジョーンズの船「フライングダッチマン号」に
乗り込みます。

しかし捕えられてしまいます。

3日以内に100人の船員を用意すれば、
契約を破棄するとジャックに伝えます。

父ビル・ターナーとの再会

ウィルは人質としてつかまり、
フライングダッチマン号で働かされていました。

そのフライングダッチマン号である人物と再会します。

それは死んだと思われた自分の父。
ビル・ターナーでした。

ビルは、
死への恐怖からデイヴィ・ジョーンズと契約をし、
無惨な姿で働かされていたのです。

ビルは息子に「逃げろ」と説得します。
しかしウィルはオルガンの前で寝ている、

デイヴィ・ジョーンズから箱の鍵を盗み出し、
父を救出することをつげ、
船から脱出し一隻の船に助けられます。

しかし怒り狂ったデイヴィ・ジョーンズにより、
その船は沈められ、
ウィルは再びフライングダッチマン号に忍び込むのでした。

そのころジャックは、
デイヴィ・ジョーンズとの約束3日で100人の
船員を集めるため、
トルトゥーガにいました。

そこで「バグズ」「ノリントン」「エリザベス」が、
船員として加わるのでした。

デイヴィ・ジョーンズの箱を手に入れるのは?

自身の身の危険を感じた、
デイヴィ・ジョーンズは急いで箱のある島へ直行する。

そこにはジャック、エリザベス、ノリントンも上陸していた。
そして盗み取った鍵を持っているウィルも現れる。

そしてフライングダッチマン号の船員も、
次々と島へ上陸して行く。

ジャックが激闘の末、
箱の中から、
デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、
砂の小瓶の中へ隠す。

その心臓が入った小瓶からノリントンが
心臓を奪い取ってしまう。

ジャックは知らずにブラックパール号に乗り込み、
デイヴィ・ジョーンズから逃げようとする。

ブラックパール号はデイヴィ・ジョーンズの
フライングダッチマン号に追いつめられていく。

エリザベスにはめられて手錠をかけられた、
ジャックは船に1人取り残され、
ブラックパール号と共に海に沈められてしまう。

ノリントンが奪ったデイヴィ・ジョーンズの心臓は、
ベネット卿の手に渡ってしまう。

そしてブラックパール号の船員は、
ジャックとブラックパール号を取り戻すべく、
ある場所に向かう。

そこで出会ったのはかつてジャックと戦いを繰り広げた、
キャプテンバルボッサだった。

パイレーツ・オブ・カリビアンの関連記事一覧

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちはこちら

▶パイレー ツ・オブ・カリビアン/ワールドエンドはこちら

▶パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉はこち ら

今回の感想

大人気映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第二弾!
壮大なスケールの為、
1話で完結しないので、
前編後編になってます。

しかしデイヴィ・ジョーンズがめっちゃ気持悪かった。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ