バットマン映画ダークナイトのネタバレとあらすじ感想!ジョーカーのメイクが斬新!

映画バットマンダークナイトのネタバレと
あらすじ感想になります。

今回はいよいよバットマンのライバルの
ジョーカーが登場します。

メイクも今までと違って斬新な感じに仕上がっています。
こっちのジョーカーの方が、
個人的にはかなり好きです。

スポンサーリンク

バットマンダークナイトのキャストについて

キャスト
ブルース・ウェイン/バットマン クリスチャン・ベール
ジョーカー ヒース・レジャー
ハービー・デント/トゥーフェイス アーロン・エッカート
レイチェル・ドーズ マギー・ギレンホール
アルフレッド・ペニーワース マイケル・ケイン
“ジム”ジェームズ・ゴードン ゲイリー・オールドマン
ルーシャス・フォックス モーガン・フリーマン
バーバラ・ゴードン メリンダ・マックグロウ
“ジミー”ジェームズ・ゴードン・Jr ネイサン・ギャンブル
アンソニー・ガルシア市長 ネスター・カーボネル
ギリアン・B・ローブ市警本部長 コリン・マクファーレン
サリロ判事 ニディア・ロドリゲス・テラチナ
アンナ・ラミレス刑事 モニーク・ガブリエラ・カーネン
ジェラルド・スティーブンズ刑事 キース・ザラバッカ
マイケル・ワーツ刑事 ロン・ディーン
コールマン・リース ジョシュア・ハート
マイク・エンゲル アンソニー・マイケル・ホール
サルバトーレ・マローニ エリック・ロバーツ
ラウ チン・ハン
ギャンボル マイケル・ジェイ・ホワイト
チェチェン人ボス リッチー・コスター
ジョナサン・クレイン/スケアクロウ キリアン・マーフィー
銀行支店長 ウィリアム・フィクナー
ドーピー マイケル・ストヤノフ
グランピー ダニー・ゴールドリング
ハッピー ウィリアム・スマイリー
チャクルズ マシュー・オニール
ロッシ マイケル・ヴィオー
ナターシャ ベアトリス・ローゼン
フリール裁判長 パトリック・クリア
ラウの部下 エディソン・チャン

バットマン ダークナイト ネタバレ

http://eiga-kaisetu-hyouron.seesaa.net/article/134168670.htmlより引用

前作のバットマンビギンズでは、
ジョーカーの登場を匂わせておいての、
今回ジョーカーの登場です。

やはりバットマンの最大のライバルといえば、
ジョーカーという感じです。

そしてもう1人はトゥー・フェイス。

本作品のコンセプトである、
「ブルース・ウェインの挫折と敗北の物語」ということもあり、
手に汗握るないようでした。

バットマンシリーズ
▶バットマンビギンズはこちらをクリック
▶バットマンダークナイトはこちらをクリック
▶バットマンダークナイトライジングはこちらをクリック

バットマンダークナイトのあらすじとネタバレ!

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

ジョーカー登場

銀行にピエロの覆面をした、
強盗が訪れる。

目的の為なら、
仲間も容赦なく殺す。

その強盗のトップこそが、
あのジョーカーだった。

ジョーカーは盗んだ金を元に、
マフィアと取引をする。

バットマンはゴードンと共に、
ゴッサムの犯罪者と戦っていた。

そしてもう1人、
犯罪者と戦う検事。
ハービー・デントが現れる。

ブルース・ウェインの幼馴染みレイチェルの
上司でもあったのだ。

バットマンはマフィアの力を削いでいくのだが、
ジョーカー達の勢力により、
バットマンを追いつめていく。

そして
「バットマンがあらわれなければ犠牲者は増え続ける」
宣言をするのだった。

追いつめられたバットマンことブルースは、
名乗り出ようとしたその時、
検事であるハービー・デントが
機転をきかして名乗りをあげたのだった。

ジョーカーとの攻防

ジョーカーはデントを乗せた護送車に
襲いかかろうとする。
そこでバットマンはジョーカーを倒そうと
立ちふさがります。

しかし生身の人間であるジョーカーを
殺害する事ができなかったのです。

そしてゴードンによって、
ジョーカーは警察の手にわたります。

これで一件落着に思えたのだが、
なんとジョーカーは仲間の腹の中に、
爆弾を植え付けていたのです。

これを爆破する事で警察署から脱走をはかります。
そしてデントとレイチェルも
ジョーカーの一味に捕えられてしまうのでした。

顔の半分

バットマンとゴードンは二手に別れ、
デントとレイチェルを救出に向かう。

バットマンはレイチェルの元へ向かった。

しかしそこに居たのは、
レイチェルではなくデントだったのだ。

そしてレイチェルは救出に間に合わず、
爆破に巻込まれてしまう。

そしてデントも爆破により顔の半分に
大けがを追ってしまうのだった。

今回の事で心に傷を追ってしまったブルース。

そしてレイチェルの手紙に「デントへの愛」
書かれている事をアルフレッドを知ってしまい、
その事はブルースには黙っておくのだった。

ジョーカーは入院中のデントに接近し、
正義に対しての憎しみをあおる。
そしてデントは遂に入院していた病院を爆破し、
逃亡を図るのだった。

トゥーフェイスの誕生

心に傷を追ったデントは、
病院を脱出後、
怪我をした顔をそのままに自らを
「トゥーフェイス」と名乗るのだった。

そしてジョーカーは2つのフェリーを使い、
ある爆弾ゲームを楽しむ。
1つの船には民間人、
もう1つは犯罪者の護送船。
先に爆弾の起爆装置を押した方が助かると
いうゲームだ。

しかしこの計画は、
犯罪者側が相手の起爆装置を先に捨てる事で、
失敗に終わる。

そしてジョーカーもバットマンの手によって、
身柄を拘束されるのであった。

一方「トゥーフェイス」となったデントは、
ゴートン一家に復讐を試みる。

しかし「トゥーフェイス」をバットマンが止めるのだが、
残念な事にデントの命を奪う結果となってしまう。

そして街のヒーローは、
バットマンがデントを殺したと正義の為に、
事実を隠すことになる。

バットマンシリーズ
▶バットマンビギンズはこちらをクリック
▶バットマンダークナイトはこちらをクリック
▶バットマンダークナイトライジングはこちらをクリック

今回の感想

バットマンシリーズの中でも、
1・2位を争うくらい面白い内容ではないでしょうか!?

私も一通り見てきてますが、
一番楽しめた作品かと思います。

何よりもジョーカーとトゥーフェイスの
迫力が半端ないですよね。

メイクも斬新だし!

最期のデントの真実を隠す為に、
自らダークナイトになる決断に心を討たれます。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ