風立ちぬのあらすじネタバレとまとめ!感想と評価は感動orつまらないの意味

宮崎駿監督原作の漫画を映画した。
「風立ちぬ」のあらすじとネタバレについて
書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

本作品で宮崎駿監督は長編アニメより引退を発表した。
宮崎駿監督最後のジブリ作品

風立ちぬのキャスト

キャスト
堀越二郎/庵野秀明
里見菜穂子/瀧本美織
本庄/西島秀俊
黒川/西村雅彦
カストルプ/スティーブン・アルパート
里見 /風間杜夫
二郎の母/竹下景子
堀越加代/志田未来
服部/國村隼
黒川夫人/大竹しのぶ
カプローニ/野村萬斎
堀越二郎(少年期)/鏑木海智
堀越加代(幼少期)/信太真妃

風立ちぬ あらすじ まとめ

http://www.cinematoday.jp/gallery/E0002638/000.jpg.htmlより引用

違った視点でみると、
タバコのシーンでも話題になりましたね。

NPO法人日本禁煙学会から、
肺結核の療養中にタバコのシーンは問題、
大学生が「タバコくれ」は未成年の禁煙を助長している。
というよな所でも問題になり話題となりました。

本編と違った所で話題になるほど、
それだけ多くの人に見られた居るのかも知れません。

未成年の役柄で、
タバコを吸っているシーンの映画など沢山あるけど、
それだけ影響のある映画という事だったんですね!

風立ちぬのあらすじとネタバレ!

ここからはネタバレになります。
まだ見てない方や、
ネタバレを知りたく無い方は、
ご覧にならないでください。

スポンサーリンク

堀越二郎の出会い

二郎の勤務先の三菱内燃機製造に向かう汽車。
そこで里見菜穂子に出会う。

電車に乗っている時に関東大震災の被害に会い、
足を痛めた菜穂子を救い、
名前も告げずに去る二郎。

その後長野の北佐久郡軽井沢町で、
運命の再会をする。

そして恋に落ちて行く。
しかし菜穂子は結核に蝕まれていたのだ。

結核と結婚生活

菜穂子は自分の病気を治すべく、
診療所にいた。

しかし二郎と少しでも一緒に居たい思い、
二郎の元へ向かってしまう。

そして黒川夫婦を仲人に向え、
2人は結婚をする。

しかし一向に病状は良くならない。

そんな中、
二郎は零戦のプロトタイプの製造に成功する。
どんどん悪化する菜穂子の病状。

菜穂子は1人手紙を残し、
診療所へ向かう。

それに気付いた二郎の妹は菜穂子を
追いかけようとするが、
黒川夫人に
「追ってはなりません。…菜穂子さんは、
一番良い時間を、二郎さんと過ごしたかったのね」

と告げる。

終戦

戦争が終わった。
そう日本は負けたのだ。
自分が手掛けた零戦の無惨な残骸を見ながら、
亡くなった菜穂子の姿をみた。

そして二郎は、
「残された私は、生きねば」と思った。

今回の感想

ハッキリ言って小さな子供には、
きちんと説明しないと多分理解ができないと思う。

つまらないというレビューも多く存在している様ですが、
他のジブリ作品と違ってより現実性が溢れる
作品という感じは受けます。

トトロやラピュタといった非現実的な
世界観とは違った映画。

1つ言えるのはこの映画で、
宮崎監督の人生観や行き方の意味というのが、
少し感じられた気がします。

個人的にはとても良い映画だと思いました!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ