ナルト映画ブラッドプリズンの内容ネタバレとあらすじ感想!主題歌と声優

劇場版 ナルトブラッドプリズン
についてのネタバレとあらすじになります。

スポンサーリンク

主題歌に上地雄輔さんが「遊助」として参加!
声優には俳優の上川隆也さんが
ゲストとして参戦しています。

ブラッドプリズンのキャラクターについて!

キャラクター
うずまきナルト
春野サクラ
サイ
はたけカカシ
ヤマト
綱手
奈良シカマル
秋道チョウジ
山中いの
犬塚キバ
油女シノ
日向ヒナタ
日向ネジ
ロック・リー
テンテン
マイト・ガイ
ガマブン太
四代目雷影・エー
キラービー
サムイ
オモイ
カルイ
マブイ
無為
竜舌
無垢
カザン
マロイ

ナルト 映画 ブラッドプリズン ネタバレ

http://eiga.com/movie/55952/より引用

草隠れの里の極秘任務について話していた雷影たち。
すると1人の忍びが雷影を襲撃する!
その犯人はなんとナルトだったというのだ!

無実の罪で監禁施設「鬼灯城」に連行されてしまうナルト。
これが草隠れの里の陰謀だとも知らずに…

劇場版ナルトシリーズ

▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーはこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズンはこちらをクリック
▶THE LAST -NARUTO THE MOVIE-はこちらをクリック

ブラッドプリズンのあらすじとネタバレ!

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

雷影襲撃の無実の罪で、
「鬼灯城」へ監獄されてしまったナルト!

雷影襲撃時はシカマルと将棋を打っていた
ナルトにしてみたら、
なんの事かさっぱり不明…

ほとぼりが覚めるまで綱手が
「鬼灯城」に監獄する様に指示する。

しかしナルトは何度も何度も脱走を試みます。
「鬼灯城」は、
城の主である無為から
「火遁・天牢」というチャクラを使えなくなる術
体に刻まれているので、
人柱力のナルトでもどうする事もできません。

ナルトは収監所で出会った、
竜舌マロイの力を借りて、
収監所で騒ぎを起こし、
そのどさくさにまぎれて脱出します。

そして無為が自分の力を使って
“極楽の匣”と呼ばれる生贄をささげ、
生贄からチャクラを奪うことで
なんでも願いを叶えられるという箱に、
差し出してしまった自分の息子
『無垢』を蘇らせようとしてる事をしります。

蘇った無垢は何年もの間妬み・苦しみ・憎悪の
中に居たため自分を見失ってしまっています。

無垢は無為の体を貫き、
化け物に変身してしまいます。

しかし竜舌の話しには、
耳を傾ける無垢。

無垢は恐怖心によって動きが読めます。
竜舌は恐怖心を無垢の前では
全く出しません!

ナルトは救援に来た木の葉のメンバーに
時間稼ぎを頼み、
仙人モードになります。

『火遁・天牢』は術者が死ぬか術者自身が解かない限り
効果が継続します。

つまり無為はまだ生きています!

無垢は火遁・鬼灯篭で
極楽の匣を中から破壊していきます。

無垢はさとりという化け物になり、
竜舌とナルトをつらぬきます。

2人は瀕死の重傷を追います。
駆けつけたサクラと綱手の治療も
すでに2人には手遅れ。

すると、竜舌が立ち上がり自分の命と引き換えに、
ナルトを助けます。

無為・無垢・竜舌はこの鬼灯城で再会を果たします。

劇場版ナルトシリーズ

▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 絆はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 火の意志を継ぐ者はこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝 ザ・ロストタワーはこちらをクリック
▶劇場版 NARUTO -ナルト- ブラッド・プリズンはこちらをクリック
▶THE LAST -NARUTO THE MOVIE-はこちらをクリック

今回の感想

今回の映画のストーリーは、
子供向けというよりも大人向けのストーリー
仕上がっていると思います。

また評価も賛否両論で、
今までに一番面白かったという人もいれば、
全然ダメという人もいます。

ストーリー自体が暗く思い感じに仕上がっています。
従来のナルトの
ど根性と仲間との連携で見事倒す!
というような感じでないです。

またそれが今までのナルトと違い
新天地を開拓した気がします。

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ