劇場版ナルトロードトゥニンジャのネタバレとあらすじ感想!ヒナタとは!?

劇場版 ナルトROAD TO NINJA
についてのネタバレとあらすじになります。

スポンサーリンク

2014年12月には、
THE LAST -NARUTO THE MOVIE-の公開もきまり、
ジャンプの連載もラストに近づいて来ています。

ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-のキャラクターについて!

キャラクター
うずまきナルト
春野さくら
波風ミナト
うずまきクシナ
はたけカカシ
うちはサスケ
仮面の男

Naruto_the_Movie-_Road_to_Ninja's_main_poster

http://naruto.wikia.com/wiki/Naruto_6:_Road_to_Ninjaより引用

NARUTO -ナルト-のテレビアニメの10周年を記念して、
岸本斉史さんも企画から関わった
こだわりのオリジナルストーリー!

ナルトに封印された力、
九尾を狙う忍び集団「暁」との戦い、
謎の仮面の男との戦いも描く!

ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-のあらすじとネタバレ!

まだこの映画を見た事の無い方や、
内容を知りたくない方はご覧にならないで下さい!

スポンサーリンク

はじまり

十六年前突如として九尾の強襲から、
里を守る為に四代目火影が立ち上がり、
黒幕の仮面の男(トビ)と戦います。

そして現代…
この葉の里を狙う人の影が。
そう「暁」です!

木の葉は「暁」にひるむ事無く、
戦い勝利をします。

この時の「暁」は白ゼツの分身で、
本当の「暁」の力ではありません。

そしてサクラの両親が登場します。
サクラもナルトと公園で話しをしていると、
底に仮面の男(トビ)が現れます。

ナルトとサクラが攻撃を仕掛けますが、
仮面の男(トビ)の能力で攻撃が通用しません…

そして仮面の男(トビ)は「無限月読」の試作、
「限定月読」を2人にかけます。

そしてナルトとサクラは別の次元に飛ばされてしまいます。

もうひとつの木の葉の里

そこは今までの木の葉の里と違い、
性格が逆転している世界だったのです。

そしてサクラの父親とナルトのの父親の
立場が逆転していました。

死んだはずのミナトやクシナは生きていて、
ナルトと一緒に任務に向かうのです。

サクラの父親は、
四代目火影であったという事になります。

任務を完了したその後、
木の葉の里に再び仮面の男が現れます。

仮面の男の力に、
木の葉の里の忍びは歯が立ちません。

そしてサクラが連れ去られてしまいます。
助けに向かおうとするナルトの前に
立ちはだかったのは、
なんとナルトの両親でした。

ミナトとクシナはナルトの事が心配だと告げます。
しかしナルトはサクラの鞄から、
四代目火影の羽織を取り出し決め台詞を言います。

この世界の火影はサクラの父親です。
羽織をサクラが持っていてもおかしくありません。

サクラを救出に向かうナルト。
そこで仮面の男と戦います。

仮面の男vsナルト

仮面の男は、
死神や天女と一緒にナルトを倒そうとします。

するとそこに意外な救援部隊が!
それはあの「暁」だったのです。

この世界では「暁」は悪ではなく仲間だったのです。
そして死神と天女を倒し、
仮面の男の素顔がと見えます。

その「限定月読」の世界の仮面の男はトビではなく、
なんとナルト(黒)だったのです。

黒ナルトも九尾の力を発揮する事ができ、
九尾対黒九尾の戦いがはじまります。

戦いはナルトの勝利に思えたその時、
仮面の男(トビ)が登場し、
車輪眼を使える様になります。

車輪眼の手にかかってしまったナルトは、
劣勢状態になります。

すると今度は「暁」により助けられたサクラが
黒ナルトに戦いを仕掛けます。

ナルトは「朱月の書」により意識を取り戻し、
そこにミナトとクシナが登場します。

黒ナルトの中からトビが現れ、
クナイを投げ限定月読の水晶を破壊し、
無限月読から脱出します。

家族の温かさ

黒ナルトも限定月読がとけると
普段のナルトにもどります。

そして元の世界では、
家族の温かさに少し寂しさを覚えて家に戻ると
そこにはイルカ先生がケーキを買って、
まるで家族の様に
楽しく笑顔に溢れたナルトがいました。

今回の感想

家族の温かさ!
そしてナルトとサクラの関係!

個人的にはサクラではなく、
ヒナタと結婚して欲しいと思う。

何度観ても九尾の所は印象深い。

そしてやっぱりイルカ先生は、
本当にナルトに優しいですね。

自分も同じ境遇だったからこそ、
ナルトの気持がわかるのかな?と思いました!

1・2・・>>次のページへ


スポンサーリンク

関連記事はこちら↓↓

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ